あらすじ:
三蔵法師の真歴史を発掘するため629年の中国・唐の時代に到着したトキオたちは、サル芸人の孫悟空とカッパ芸人の沙悟浄とブタ芸人の猪八戒の三人が、スゴ腕プロデューサーの三蔵に無茶振りされて困惑している場面に遭遇する。孫悟空たちに見切りをつけた三蔵は、たまたま遭遇したアクダーマたちをおだてて芸人にスカウトして『サンゾー5(ファイブ)』を結成。三人に無茶振りさせまくって大儲けする。

調子に乗った三蔵は、孫悟空たちに「もうお前らの時代は終わったんだよ。さっさと田舎に帰んな」と宣言すると、「言うことを聞かねえオメエらよりも、アイツらは楽でいいぜ。ちょっと甘い言葉をかけてやりゃ、カンタンにだまされるバカだからな。ウハハハハ…!」と高笑いするのだが、その言葉をアクダーマたちに聞かれてしまう。騙されていたと知ったアクダーマは、スキャン銃を牛に照射して牛魔王メカを作り出すと、三蔵をメカの腹部に閉じ込めて天竺に向かって出発した。

トキオたちはクワガッタンで牛魔王メカを追いかけるのだが、牛魔王メカはクワガッタンの赤色に興奮してパワーアップしてしまい、刀の一振りで叩き落されてしまう。カレンがメカブトンを呼び出してメカを乗り換えると、牛魔王メカはメカブトンの青色を見てやる気を失うのだが、ツブヤッキーは鼻から赤色のペンキ弾を発射してメカブトンを真っ赤に染めて、再び牛魔王メカから攻撃を受けてしまう。ピンチに陥ったトキオたちは、クワガッタンとボカン・ドッキングしてボカンドラゴンに変形して、ボカン・ファイヤーで攻撃するのだが、牛魔王メカの火炎の方が威力が強くて逆に火炎を浴びてしまう。絶体絶命の大ピンチかと思われたが、興奮し過ぎた牛魔王メカは暴走して操縦不能の状態に陥ってしまう。その隙に孫悟空が牛魔王メカに囚われていた三蔵を助け出すと、トキオたちはボカン・ファイヤー・トルネードでトドメを刺して勝利した。

反省した三蔵は、再び孫悟空たちと共に天竺無限大ホールを目指すことになり、トキオたちは三蔵からダイナモンドを受け取ってポーズを決めた。一方、24世紀に帰還したアクダーマは、サンゾー5としての芸人活動を懐かしがっていたのだが、オヤダーマに「そんなにやりたければ、いくらでもやらせてやるダーマ」と芸能人養成ギブスをはめられて、そのままオヤダーマの特別音楽レッスン3時間を強制受講させられるのであった。


真歴史:三蔵法師たちはお笑い芸人だった。

*ゲストキャラクター
三蔵法師:三ツ矢雄二
孫悟空:阪口大助
沙悟浄:手塚ヒロミチ
猪八戒:佐々健太
ジャーマネ:松田利冴


善玉メカ:クワガッタン、メカブトン(ボカンドラゴン)
悪玉メカ:牛魔王メカ

コクピットメカ:
なし

おしおき:芸能人養成ギブスをはめられてオヤダーマの特別音楽レッスン3時間を強制受講させられる

視聴率:4.8%




感想:
今週は三ツ矢雄二さんがゲスト出演して西遊記ネタをやるということで、ゼンダマンとイタダキマンの両方のネタが使われると期待していたのですが、これらのネタがほとんど無かった為に肩透かしを食らった印象が強いです。イタダキマンに関しては何も確認できず、ゼンダマンに関しては、スズッキーが「ゼーット」と叫んでおり、これがゼンダマンのZポーズネタと言えなくもないのですが、その直前にビマージョが「オッス!超悟空!」と叫んでいるため、ドラゴンボール繋がりのネタとしか思えません。ワルサーグロッキーと言うシーンをドンジューロートボッケーにするとか、檻に入った猛獣を虎、白熊、ゴリラのゼンダメカ繋がりにするとか、やろうと思えばゼンダマンネタはいくらでも使えたはずなのですが、本当に勿体無いです。

ダイナモンド発見時のメッセージから考察すると、どうやら今回のストーリーはドリフの西遊記をパロディにしていたようです。孫悟空たちが芸人を目指していたのはドリフメンバーを意識していたからであり、三蔵が金に汚い男だったのも、いかりや長介ががめつい人間だったことが影響していると思われます。こうしたキャラ設定は、第1話のクレオとパトラや第3話の桃太郎と全く同じであり、真歴史がネタ切れなのか脚本家の連携不足なのか、もう少し目新しさがあれば肩透かしという印象も変わっていたと思います。

とはいえ、パロディネタは随所に使われており、旧シリーズファンを意識したネタが随所にありました。三蔵の「君の声が聞こえる」というセリフは絶唱カラオケマンの歌のオマージュっぽいですし、ワルサーグロッキーという名前が唐突に出てきたり、アラホラサッサも使われていました。ツブヤッキーの一発芸は、怪盗きらめきマンでヒエールがやっていた「一芸さんいらっしゃい!」と同じノリで懐かしかったです。三ツ矢さん関連ネタも多く使われていて、三蔵がビマージョをスカウトするシーンでは唐突にタッチ主題歌が流れていましたし(ちなみに見逃し配信ではカットされています)、スズッキーに言った「俺と一緒に未来を変えよう」というセリフは、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティネタ(三ツ矢さんが吹き替え担当していた)と思われます。ゼンダマンネタが少なかったのが勿体無かったですが、その他のパロディは絶好調で、アクダーマの演技も鋭さを増して今週も面白かったです。


*登場人物について

トキオ:消しゴムを鼻に突っ込もうとするドM。

カレン:孫悟空と春麗のコスプレをして喜ぶドS。コスプレが何の役にも立っていないとツッコまれて呆然としていたが、シートンの回でドーナツ無料ゲットしたことを忘れている。

三蔵法師:世界最高峰のお笑いステージ・天竺無限大ホールに立たせるため孫悟空たちに無茶振りしまくるドS。

ビマージョ:動画再生23回突破の最底辺ユーチューバー。顔を赤らめて「たっちゃん」と呟くシーンが可愛い。

ツブヤッキー:動画再生8075万回突破の大人気ユーチューバー。小銭を探すためいつも猫背で地面を見ている。

スズッキー:動画再生10万回突破の普通ユーチューバー。シュワルツと命名されて喜んでいた。